『大地の芸術祭』2018 作品の工事をさせていただきました。

     
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」は、新潟県十日町市と津南町からなる越後妻有地域で開催されているアートイベントです。
メインステージとなる越後妻有里山現代美術館 キナーレにある作品『Palimpsest:空の池』を、当社も施工させていただきました。
※開催期間は2018年7月29日~9月17日
作家:Leandro Erlich(レアンドロ・エルリッヒ)
タイトル:Palimpsest:空の池
建築:越後妻有里山現代美術館『キナーレ』
設計:原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
事業主:大地の芸術祭実行委員会、十日町市
コーディネート:アートフロントギャラリー
建築工事:株式会社 丸山工務所
タイル製作 :株式会社 橋場グランド社